啓明館 - 神奈川県・横浜市の中学受験専科塾

啓明館事業部長 渋田先生日記

2020年10月29日

マッチ

寺山修司氏の短歌

「マッチ擦る/つかのま海に/霧深し/身捨つるほどの/祖国はありや」

(暗闇に包まれた海岸で煙草を吸うためにマッチを擦れば、海には深い霧が浮かびあがる。命を捨てるに値する祖国はもうないのではないだろうか)

 

戦争をテーマにした短歌ではありますが、令和2年の今日、マッチを擦るというイメージを持てない子どもたちも多くなりました。

 

日本では戦争のなかった平成から、令和になって1年半。

 

「世界中の爆弾が花火にかわったら、きっとこの世から戦争はなくなるのになあ」というのは、裸の大将で有名な画家、山下清氏の言葉です。長岡の花火大会の貼り絵も有名です。

Pocket

1
資料請求 申し込み 教室検索

資料請求

申し込み

ページの先頭へ戻る