CG啓明館 - 神奈川県・横浜市の中学受験専科塾

パズル道場で育成される力

確かな理論をもとに考えられたプログラムです。
年長さん、小学校低学年から「数」「図形」「思考力」を育成します。

理論概要(1)小学生は『見えない学力』育成中心に行うべきである

小学生は『見えない学力』育成中心に行うべきである

重要ポイント

重要ポイント

考える習慣を!
考えることが習慣化される前に、暗記中心の習慣を身につけてしまうと、子ども
は「知識」等を「思い出す」事しかしなくなり、新たに考えるという事をしなく
なります。→伸びる子は育成されにくくなります。
「覚える人になる前に考える人になろう!」

理論概要(2)理解力を高めるには、イメージ能力を高めるべきである

理解力を高めるには、イメージ能力を高めるべきである

理論概要(3)イメージ化能力を高めるには、空間把握能力育成が効果的である

空間把握能力は立体感覚だけでなく、以下の3つの平面感覚を併行して育成すると効果がアップします

  • 1 平行移動感覚
  • 2 対称移動感覚
  • 3 回転移動感覚

理論概要(4)数を量として認識する能力(量感)を高めることを最優先すべきである

数を量として認識する能力(量感)を高めることを最優先すべきである

重要ポイント1
“順番”としての数を先にやりすぎると、“量”として数を認識する障害となる場合がある。
重要ポイント2
補数(5との差、10との差)の感覚とともに、数を量として認識すべきである。
重要ポイント3
簡単な数の素因数分解や最小公倍数・最大公約数は""暗算できるようにすべきである。
(例)120=2×2×3×2×5(順番は自由でよい)←数の分解能力を高める。

資料請求 無料体験 教室検索

資料請求

無料体験

ページの先頭へ戻る