啓明館 - 神奈川県・横浜市の中学受験専科塾

啓明館事業部長 渋田先生日記

2020年11月13日

大器は晩成す

大きな成功には、長い時間が不可欠なものがたくさんあります。

 

「忠臣蔵」で有名な大石内蔵助の話。赤穂(あこう)藩の家老としてのエピソード。

播磨(はりま)国の商人たちが、製塩の申請をしたのですが、許可が下りたのは、なんと10年後のことだったといいます。

 

そのときに、大石はこう答えました。

「塩を焼くには大量の薪(たきぎ)がいる。播磨の山は木が少なく、製塩を始めたらすぐに木がなくなってしまう。だから苗木を植えた。そして10年が経って木が育ってから製塩を許可したのだ」

 

 

啓明館の生徒は全員が『大器晩成』です。

うちの子も、絶対にそうだと思われませんか?

Pocket

1
資料請求 申し込み 教室検索

資料請求

申し込み

ページの先頭へ戻る