啓明館 - 神奈川県・横浜市の中学受験専科塾

啓明館事業部長 渋田先生日記

2021年8月31日

位置関係

「言葉で治療する」(鎌田實・朝日新聞出版)より。

 

□薬を使わずに経過を見るとき、「我慢しなさい」と命令されるのと、「つらいよね」と共感されるのでは、大きく違う。共感されたと感じた患者さんは、医師の言葉に聞く耳を持つのである。医師がまず言葉を受け止めることによって、今度は患者さんが、医師の言葉を受け止める心を準備できるのである。結局、コミュニケーションは、どちらかが言葉をちゃんと受け止めれるところから始まるように思う。

 

□違った人間がひとつの問題で同意するには、一方的に話したいことを話すだけでは、結論が出たとしても、納得のできるいい行動変容はできない。聞くことに重点を置いて話をしていくと、だんだんとお互いが納得し、合意に近づく。言葉の投げかけが一方向からだけにならないように、お互いが意識することが大事だ。とりわけ、最初に弱い側、つらい側が投げてくれた言葉やサインを受け止めることが大事だと思う。「聞く」ことから医療の現場も、教育現場も、親子の関係も、職場も、もっといいものに変わっていくはず。

 

□会話のときの位置関係も大切である。ベッドに寝ている患者さんに、こちらが立っていると、患者さんが医師を見上げるかっこうになり、上下関係ができてしまう。医師がいすに座ると、患者さんとの関係が近いものになる。それだけでも話しやすい空気がつくられるのである。しかし、ときには視線をはずすことも1つの大切な技術である。この技術は子どもと大事な話をするときにも役立つ。ぼくは、患者さんの診察をしたあと、患者さんがベッドの縁に腰掛けていると、その横に座らせてもらう。二人で同じ窓の外の八ヶ岳を見ながら話をする。目線を外すのである。ぼくの体温が横に座っている患者さんに伝わっていく。なんだかそれであたたかくなる。同じ景色をみながら会話をしていると、ふだん話さないような悩みを話してくれるようになる。

 

 

アントワーヌ・サン=テグジュぺリの「愛とはお互いを見つめあうことではなく、ともに同じ方向を見つめることである」というのも有名です。

Pocket

2021年8月30日

100分の1秒

『20歳のときに知っておきたかったこと~スタンフォード大学 集中講義~』(阪急コミュニケーションズ)を読みました。

 

□わたしたちは往々にして成功か失敗かの分かれ目にいます。どちらに転ぶかは、よく分かりません。リスクが高いことに取り組むのなら、なおのこと先行きは不透明です。レストランやハイテクのベンチャー事業でもそうですし、スポーツですらそうです。成功と失敗は紙一重の差でしかありません。自動車のロード・レース、ツール・ド・フランスを見てください。何日にもわたって、曲がりくねった山道を登り降りした後でも、勝者と敗者の差はタッチの差。100分の1秒とまでは言わなくても、わずか数秒の違いです。ときには、ほんの一漕ぎが、逆転勝利につながることもあります。

 

□「言い訳」は無意味、専門的に言えば、たわごとである、とスタンフォード大学では教えています。人は、するべき努力をしなかったという事実を繕うために言い訳をします。これはあらゆる人生のあらゆる場面に当てはまります。時間に遅れたとき、宿題を提出しなかったとき、恋人に電話しなかったとき等。仕事が忙しかったとか、病気になったとか、社会的に許される言い訳はできますが、本気でそうする気があるなら、実現する方法をひねり出しているはずです。人に対して言い訳をしなくてはいけないと感じたとしても、自分自身には言い訳をしてはなりません。本気でなにかをしたいのなら、すべては自分にかかっているという事実を受け入れなければなりません。

Pocket

2021年8月28日

家族に感謝

「武士道」(新渡戸稲造)より!

  • 踏み出した一歩は、もう道半ばまできたようなものである。何事も最初の一歩が大事である。
  • 人は岩や木ではないから、いつかは自分の徳をわかってくれるものである。
  • 雲は永久に月を隠すものではない。
  • 人は顔よりも心が大事である。心が素直で気持ちの持ち方が高いと、おのずと顔かたちにも品格は表れる。
  • 平家を滅ぼしたのは平家であると歴史家は言う。
  • 人の自分を見る目やうわさは気にせずに、まず守るべきものは自分の心である。
  • 自分の感情のみで、良し悪しを見分けることは、自分を不幸にするもとである。
  • 今日は曇っている、今日は雨が降ると不平を言っても、空は晴れない。雨が降ったら、かさ一本で行動は決まる。物事を起こすときは、断行することである。
  • 母の愛情ほど尊いものはない。子が親を思う心にまさる親心といって、この心を分かることを孝行といい、慈しみことの元はこの心である。

 

11期生(サムライイレブン)元気にやっていますか?

Pocket

2021年8月27日

作文添削

フェリス女学院や慶應義塾湘南藤沢、公立中高一貫校を受験(受検)する小6生のために、啓明館では作文FAX添削を行っています。私はもう数万枚添削をやっているベテランです。

 

作文トレーニングの効果の筆頭は、「結論」から考え、つぎに理由を述べるクセがつくことです。英作文をやるときのことを思い出せばよいですが、「YES」か「NO」を決める+because(なぜならば)の順で思考する癖がつくのが大きい。論理の基本が小学生のうちに体に染みつくことは今後の学習に大きく生きてきます。

さらに、身近なニュースがテーマのもとになることも多いので、社会的なものごとへの関心(好奇心)が向上するというメリットもあります。

 

先日、ブックオフに行ったときに、無料のレジ袋が準備されていました。現在、レジ袋は有料化の方に動いていますが、どんな仕組みでしょうか?(この情報は、生徒から教えてもらいました)

 

おまけ

コロナワクチンの接種場面でのセンスの良いやり取り

「猫アレルギーなんですが、大丈夫ですか?」

「大丈夫です。ワクチンに猫は入っていません」

Pocket

カナダの教育の三本柱は「マインド」「ボディ」「スピリット」です。ITを使った学習も進んでいますが、生徒には23種類あるスポーツの、いずれかの課外活動に参加することが義務付けられており、さらに奉仕の精神やリーダーシップ・スキルの向上を図ることを目的にさまざまな地域活動にも参加しています。

 

「生徒の一人ひとりが、学業以外の得意な分野や好きなスポーツでベストを尽くし、学生生活を充実させることを重視しています。それによって自信、勝敗による喜びや悔しさ、と同時に他者への敬意などさまざまな感情が育まれていくはずだからです」

 

というのが理念です。

私立中学校の説明会に行くと、学習面以外に「部活動」や「学校行事」をアピールされますが、同じ狙いです。

 

 

おまけ

お盆におばあちゃんのうちに行ったときの最強のお菓子

<ブルボン オリジナルアソート>

カナダの三本柱と同じく、ひとつじゃないというのが、素晴らしい。

Pocket

資料請求 申し込み 教室検索

資料請求

申し込み

ページの先頭へ戻る