啓明館 - 神奈川県・横浜市の中学受験専科塾

啓明館事業部長 渋田先生日記

2021年9月1日

運動習慣

9月になりました。相変わらずコロナ禍で大変な日々が続きますが、運動の習慣をこころがけたいものです。

 

『ハーバードの人生を変える授業(タル・ベン・シャハー/大和書房)』より。

心と体の相互関係を取り扱う心身医療の分野では、心の健康は多いに運動と関係するという研究が次々となされています。たとえば、デューク大学医学部のマイケル・バビャクらは、うつ病と診断された患者の大半にとって、週3回、1回30分の運動を行うことは抗うつ剤を服用するのと同じような効果があるという研究結果を示しました。ハーバード大学医学部の精神科教授であるジョン・レイティは次のように述べています。「運動は、精神疾患の最も重要な薬と同様の効果があるノルアドレナリン、セロトニン、ドーパミンといった神経刺激伝達物質の放出を促します。

 

ひと汗かくことは、適量のプロザックやリタリン(代表的な抗うつ剤)を服用するようなものなので、心身を正常な状態にしてくれるのです」

 

去年からおススメしているのは、「散歩」と「家の前での縄跳び」です。

Pocket

1
資料請求 申し込み 教室検索

資料請求

申し込み

ページの先頭へ戻る