啓明館 - 神奈川県・横浜市の中学受験専科塾

啓明館事業部長 渋田先生日記

2021年10月30日

家族②!!

□小1の子どもが通信簿をもって帰ってきました。それを見た父親は、驚いて母親にそれを見せました。どの科目の成績もひどいものだったからです。「まあ・・・これから努力をすればいいんだよ」という父親に、母親は激怒!それを見ていたおじいちゃんはこう言いました。「よーく見なさい。りっぱな成績じゃないか。この表は、何を語っていると思う。カンニングをまったくしていない証拠じゃないか!」

 

視点を変えると別のものが見えるというジョークです。

 

「4分33秒」がヒットしたジョン・ケージは、その10年後「0分00秒」という曲を作曲しました。4分33秒は無音なのですが、0分00秒は演奏家がどれだけの時間で何をしてもよいという音楽です。

Pocket

2021年10月29日

家族!!

□父親が、いたずらっ子の息子に言った。「子どもがいたずらをするたびに、父親の頭には白髪が増えていくものだよ。ごらん、お父さんの髪もだいぶ白くなってしまった」息子が答えた。「なるほど。それで分かったよ。おじいちゃんの髪が真っ白なわけが」

□家の前で遊んでいた5歳のジョニーが、家に駆け込んできて言った。「ママ!今、うちの前を身長が3メートルもある男の人が歩いて行ったよ!!」母親が言った。

「ジョニー・・・。3メートルの身長の人なんていません。物事を大げさに言っちゃいけないと、ママは100万回も注意してるでしょ!」

□95歳のおじいちゃんの話。「わしは穏やかな死に方がいいのう。わしのためにつくってくれたケーキに120本のローソクが立っていて、わしはその煙のせいで窒息死するのじゃよ」

 

 

個人の感想

柳楽優弥さん主演であれば、「二月の勝者」よりも映画「誰も知らない」の方がよし!!

Pocket

2021年10月28日

置くとパス

コロナ禍前は、石巻・南三陸にボランティアに行っていました。

南三陸は「タコ」漁で有名です。港が被災したのち、南三陸さんさん商店街の有志のみなさんが「タコ」のマスコット「オクトパス君(置くと試験にパス=合格)」という合格グッズを作成されました。いくつかのスクールに、タコの置物があるのはその名残です。

 

縁起が良いということで、タコの不思議!

 

  1. タコには、心臓が3つあります。タコにはふつうの心臓がひとつ、エラ心臓がふたつ、合計3つの心臓があります。そしてその心臓から流れる血は青色。
  2. タコの腕は、切り離し可能です。敵から逃げる時に自分の腕を切り離すことがあります。しかも、再生可能。
  3. タコの脳は9つあります(諸説あります)メインの脳のほかに、腕が6本、足が2本ありますが、それぞれに独立した脳があります。
  4. タコは、無脊椎動物の中で一番賢い。容器のエサは、蓋を回して食べてから、また蓋を閉める行動もできます。ただし、1年~2年ほどしか寿命がないので、賢さも無駄になってしまいます。

 

タコが100年間生きられるようになると・・・とロマンが広がります。

ぜひ、ネット等で調べてみてはいかがでしょうか?(ご興味のある方は、南三陸さんさん商店街 オクトパス君も!)

Pocket

2021年10月27日

支えることば

  • なみだは人間のつくることのできるいちばん小さな海です。(寺山修司)

 

  • 「話す」の反対は「聞く」ではない。「話す」の反対は「待つ」である。(フラン・レボウィッツ)

 

  • 教育には目的がなければならない。教育はそれ自体は目的ではないからだ。(シビル・マーシャル)

 

  • 私の経験によれば、欠点のないものは、取り柄もほとんどない。(エイブラハム・リンカーン)

 

  • 座ったままでは、時の砂浜に足跡は刻まれない。(イギリスの格言)

 

  • 今日という日を人生最後の日であるかのように楽しむことだ。なぜなら、その可能性だってあるからだ。(アーニ-・J・ゼリンスキー)

 

  • ダイヤモンドとは、一生懸命仕事をした一片の石炭である。(エジソン)

 

  • 天才とは、蝶を追っていつの間にか山頂に登っている少年である。(ジョン・スタインベック)

 

  • 人は決して自分が思うほど幸福でも不幸でもない。(ラ・ロシュフコー)

 

  • 勇気とは、プレッシャーのもとで発揮される優雅さである。(ヘミングウェイ)

 

  • 笑うのに必要なのは17種類の筋肉。だけど、しかめ面をするのには47の筋肉がいる。(作者不詳)

 

 

 

おまけ

「疲れずに座り続けられるコツ」

背筋を伸ばせと言われますが、足の裏を床にぴったりとつけることを意識すると良いでしょう。後ろに傾かなくてもバランスが取れて負担が減ります。お試しを!

Pocket

2021年10月26日

裁量

メンタルヘルスの世界では、

「負荷が高くても、裁量の余地が大きければメンタルは壊れない」

とされています。

 

やらされている勉強(仕事、エトセトラ)は、他人が思っているより負荷が高いもの。「やりなさい」とう命令形がなぜやる気を削ぐのかがわかる言葉です。

 

 

 

 

 

おまけ

授業中の衝撃解答

教師「70歳のおじいちゃんにフルマラソンを完走させるためには、どんな工夫があると思う?解答例以外に何か思いつく?」(本当の正解は、与えられているデータからつくりあげます)

生徒①「グルコサミンを飲んでもらう!」

生徒②「10キロごとに孫を配置してはげます!」

Pocket

資料請求 申し込み 教室検索

資料請求

申し込み

ページの先頭へ戻る