啓明館 - 神奈川県・横浜市の中学受験専科塾

啓明館事業部長 渋田先生日記

2020年10月10日

問題文には線を引こう

「過去問演習にそろそろ慣れてきたかも・・・」そんなときこそ、問題文をよく読み、間違いやすいところには線を引こう。出題文は学校により癖があるので、それを学ぶことも過去問演習の大事な要素。例えば、<間違っているものを選びなさい>という箇所を太文字にしてくれている学校もあれば、点や線で強調してくれる学校もあれば、そのままにしてあるストロングスタイルの学校もあります。

 

注意力がない受験生が大人になったときの悲劇の一例。

<好きな人からのメールに「またあいたい」と書いてあったと思って喜んだら、「あたまいたい」だった>

Pocket

2020年10月9日

おばあさん仮説

生物学者の池田清彦さんのお話

 

「生物学的には、人間の寿命ってせいぜい45歳から50歳なんだ。50歳を過ぎたら、あとは余分な人生。動物って普通は、繁殖年齢が終わったら死んでしまう。人間みたいに繁殖年齢が過ぎてから、倍ほども生きている動物はいないよ。女の人は50歳を過ぎたら、まず子供を産まないでしょう。<おばあさん仮説>というものがあって、孫の面倒をみて孫の生存率を上げる貢献をすれば、リスクを冒して子どもを産むより自分の遺伝子がたくさん残る、という仮説だ。

人間みたいに、孫が認識できる動物は長生きしても無駄じゃない。繁殖年齢を過ぎてから孫の面倒を見るイルカも長生きで、50~60年は生きるんじゃないかな。ゾウは60年~70年だね。シロナガスクジラは、もっと生きる。人間よりも長生きで、120年くらいだ」

 

保護者会では、どうしても子供に厳しくしてしまう…というお悩み相談に、おじいちゃん、おばあちゃんをイメージして接するとちょうどよく優しくなれますとお答えしたことがあります。(生物学的にも当たってたんですね。)

 

 

厳密に言えば、生命はずっと繋がっていて、38億年前に生まれた生命が、細胞分裂を繰り返して、我々が誕生しているわけだ。そうなると、僕たちは38億○○歳だよね。

Pocket

2020年10月8日

♂&♀

♂は、火星の記号から生まれました。

火星の赤い色が血を連想させることから、古代ローマ時代には火星は軍神「マルス」の星とされました。(火星は英語でマーズと呼びます)。この記号は、槍と盾を組み合わせたものになります。

男の子たちよ、元気にたくましくやりぬこう。そして、まずは自分に打ち勝とう。

 

♀は、金星の記号から生まれました。

金星は(明けの明星という言葉もありますが)、美しく輝く星ということで、古代ローマ時代には美の女神「ヴィーナス」の星とされていました。この記号は、ヴィーナスが手に鏡を持っている様子を表しています。

女の子たちよ、辛い時こそ笑顔を忘れずに。そして、美しくしなやかに。

Pocket

大切な卒塾生にも紹介しましたが、いがらしみきおの漫画「ぼのぼの」は哲学的で日本を代表する漫画文化のひとつだと思います。わたしの高校生時代に連載が開始され、1巻を買いました。中高生にオススメします。

 

こんなセリフがあります。

 

□腹が立つことがあっても許して忘れるのです。昨日あったいやなことを忘れずに今日も生きていると、自分が古びて行くような気持ちになりませんか。許して忘れるのです。一度やってみてください・・・。

 

□いつだったかおとうさんがたいせつにしているものをこわしてしまったことがあるのでぃす。正直に言おうか言うまいか三日三晩悩みました。その間が地獄なのでぃす。しかし正直に言うと決めれば地獄は終わるのでぃす。あとは最悪でも、どなられるかなぐられるだけではねいでぃすか。

 

□後でこまるんだったら、後でこまればいいじゃねえか

 

□こまらない生き方なんか絶対ないんだよ。そして、こまるのは絶対おわるんだよ。

Pocket

2020年10月6日

シンク・ウィーク

ビル・ゲイツは、マイクロソフト創業時から「シンク・ウィーク」という習慣をはじめ今でも継続しています。1~2週間、一人で書斎にこもって、外部との接触を断ち、ひたすら本や資料、論文を読み、そして「考える(シンク)」という作業をするそうです。

常に、第一線で活躍するのは「読書」が必要不可欠だということが分かります。将来のために、小学生時代からの読書の習慣は宝です。

 

以前にもブログで紹介したのですが、東京方面に通っている啓明館の卒塾生は、電車の中で本を読む習慣をつけている子が多数います。年間100冊を読んだケースもあります。遠距離通学のメリットの一つです。

Pocket

資料請求 申し込み 教室検索

資料請求

申し込み

ページの先頭へ戻る