啓明館 - 神奈川県・横浜市の中学受験専科塾

啓明館事業部長 渋田先生日記

2020年10月13日

ユダヤ式勉強法

ユダヤ人の方は、世界に占める人口比率は約0.2%程度ですがノーベル賞受賞者の割合が多いことで有名です。その秘訣とさせているうちの3つをご紹介します。

 

  • 「読書」・・・小さい頃の読み聞かせをしっかり行い、読書習慣をつけていくこと。
  • 「褒める」・・・親は、自分のこどもに対し「うち子は必ず成長できる」と褒めて伸ばすこと。

そして、

  • 「教え合うこと」・・・子どもどうしが「二人一組」になって、お互いが勉強したことを教え合うことで理解をすすめること。

 

③については、大人が一生懸命に横について教えるよりも「お父さん(お母さん)に教えてごらん」というイメージです。わかったつもりになっていることをあぶりだしていくことに効果的です。

 

ユダヤの賢人になる<7つの条件>

  1. 自分より賢い人がいるときは沈黙。
  2. 人の話の腰を折らない。
  3. 答えるときにあわてない。
  4. 常に的を射た質問をし、筋道だった答えをする。
  5. まずしなければならないことから手を付け、後回しにできるものは最後にする。
  6. 自分が知らないときはそれを認める。
  7. 真実を認める。
Pocket

2020年10月12日

リモコン効果

立命館アジア太平洋大学(APU)の学長もされている出口治明さんのお話。

<古き良き昭和時代、テレビのリモコンが世に出たときのことは今でも忘れません。メディアでは「こんなもの売れるわけがない」「過剰なサービスだ」と散々な言いざまでした。リモコンがなくても、部屋の中を1~2メートル歩けばチャンネルを回せるのだから、リモコンを必要とするような横着な人はいない、という見解もあったほど。でも、結果的にリモコン付きのテレビは売れ、今ではなくてはならないものになりました。リモコンが証明したのは、元来人間はとても怠け者で、便利なものには勝てないということです。

 

赤ちゃんの時に、冷房の効いた部屋にずっといると、汗腺が発達せずに熱中症になりやすいという話を聞いたことがあります。計算機があれば、算数の学習をしなくても良いとか、翻訳機があれば英語の勉強しなくても良いなどの飛躍した考えには、どこかで歯止めをかける必要があります。1ヶ月も入院すると、足の筋肉は劇的に落ちてしまいます。使わない機能は衰えてしまうもの。

 

<よく学び、良く遊べ>

Pocket

2020年10月11日

ひとことブログ②

I HAVE NOT DEFEATED RAIN.

Pocket

2020年10月10日

問題文には線を引こう

「過去問演習にそろそろ慣れてきたかも・・・」そんなときこそ、問題文をよく読み、間違いやすいところには線を引こう。出題文は学校により癖があるので、それを学ぶことも過去問演習の大事な要素。例えば、<間違っているものを選びなさい>という箇所を太文字にしてくれている学校もあれば、点や線で強調してくれる学校もあれば、そのままにしてあるストロングスタイルの学校もあります。

 

注意力がない受験生が大人になったときの悲劇の一例。

<好きな人からのメールに「またあいたい」と書いてあったと思って喜んだら、「あたまいたい」だった>

Pocket

2020年10月9日

おばあさん仮説

生物学者の池田清彦さんのお話

 

「生物学的には、人間の寿命ってせいぜい45歳から50歳なんだ。50歳を過ぎたら、あとは余分な人生。動物って普通は、繁殖年齢が終わったら死んでしまう。人間みたいに繁殖年齢が過ぎてから、倍ほども生きている動物はいないよ。女の人は50歳を過ぎたら、まず子供を産まないでしょう。<おばあさん仮説>というものがあって、孫の面倒をみて孫の生存率を上げる貢献をすれば、リスクを冒して子どもを産むより自分の遺伝子がたくさん残る、という仮説だ。

人間みたいに、孫が認識できる動物は長生きしても無駄じゃない。繁殖年齢を過ぎてから孫の面倒を見るイルカも長生きで、50~60年は生きるんじゃないかな。ゾウは60年~70年だね。シロナガスクジラは、もっと生きる。人間よりも長生きで、120年くらいだ」

 

保護者会では、どうしても子供に厳しくしてしまう…というお悩み相談に、おじいちゃん、おばあちゃんをイメージして接するとちょうどよく優しくなれますとお答えしたことがあります。(生物学的にも当たってたんですね。)

 

 

厳密に言えば、生命はずっと繋がっていて、38億年前に生まれた生命が、細胞分裂を繰り返して、我々が誕生しているわけだ。そうなると、僕たちは38億○○歳だよね。

Pocket

資料請求 申し込み 教室検索

資料請求

申し込み

ページの先頭へ戻る