啓明館 - 神奈川県・横浜市の中学受験専科塾

啓明館事業部長 渋田先生日記

2020年9月11日

「の」の字の哲学

渡辺和子さんの著書に「面倒だから、しよう」(幻冬舎)があります。その中に、夫婦円満の秘訣がありますが、家族内のコミニケーションの大事なコツだと思いました。

 

「もし、夫が仕事から帰って『あぁ疲れた』といったら、『疲れたの?』といってあげてください。夏『暑かった』と帰宅したら、『暑かったの?』といってください」

「相手が『疲れた』といった時に『私だって疲れています』とか、『暑かった』という言葉に『夏だから当然よ』といえば喧嘩になります。まず、相手の気持ちを受け止めてください。自分の言い分もあるでしょう。しかし、その気持ちを少し抑えて相手の気持ちになる。それがとても大事なのです」

 

の、から始まるキャッチボールのイメージです。

Pocket

1
資料請求 申し込み 教室検索

資料請求

申し込み

ページの先頭へ戻る