啓明館 - 神奈川県・横浜市の中学受験専科塾

啓明館事業部長 渋田先生日記

言い間違い、聞き間違いシリーズを紹介します。

 

  • 友人が「勝てば官軍」のことを「勝てば海軍だからねえ」と言っていました。

 

  • 父はよく教育の話になると「三つ子の魂いつまでも」と言います。「三つ子の魂、三つまで」とも言います。

 

  • 大学生の姉がリスの前で言いました。「げっぱめ、って可愛いよねー」。それは「げっしもく」て読むんだよ。

 

  • 2歳の子どもは、「ハリー・ポッター」の第1作を「ハリー・ポッターとケンちゃんの石」と言っていました。「賢者の石」だよ。

 

  • うちの子どもは、「金田一少年の事件簿」で、主人公が事件を解決するときに必ず言う「じっちゃんの名にかけて!」を、ずっと「じいちゃんになりかけて」だと思っていました。

 

  • 知人が入社して間もないころ「松丸さん」という方からの電話を受けて「所長、マシュマロさんからお電話です」と言ったそうです。

 

  • バイトの先輩は電話で、美しく元気な声で「いっすん(一寸)、おまちくださいませー」と読み上げていました。

 

  • 職場のおじさんは、「ざっくらばん」と何度もいうので、わたしまで間違えそうになります。

 

  • 地理の授業で、いつもやけに気取っている先生が、世界のお茶の産地の話をしていて、「ティー」というべきところを「チャ―」と言いました。

 

  • 高校の英語の授業でアポロ月面着陸の話を読んでいたときのこと。友人がCaptain Armstorong のことを「腕っぷしの強い船長」と訳していました。

 

  • 看護士をしていて、若いとき、消灯時間のアナウンスをしました。「消灯の時刻になりました」がどうしてか、「消灯のずこくになりますた」になってしまい。病棟中が大爆笑。

 

  • 私は「赤い靴~」の歌のあとは、「いいじいさんに連れられて」だと思っていました。良いおじいさんも誘拐するかもしれないっていう教訓の歌だと思っていました。

 

  • ラーメン屋で、先輩は私たちに「お前ら好きなの食えよ!遠慮すんなよ」と言い放ち、「おばさん、俺、うみやきそばのじょう!」と豪快に言いました。「上海焼きそば」のことでした。

 

  • ドトールでバイトしていた友人は、パンを選んでレジに来たお客のおばあちゃんに「テイクオフしたいんだけど」といわれたそうです。おばあちゃんが離陸していく…。

 

  • 私のおばさんは、自分の名前を説明するときに、「英語のエイに、子どものコです」といいます。ある日、「鈴木A子様」と書かれた郵便物が届きました。犯人かよ!

 

  • 姉の晶子が、自分の名前を「どう書きますか?」と聞かれて「秘密です」と答えているのを聞いて、秘密にしている場合じゃないでしょと思ったら、「日3つです」でした。

 

  • 妹は小田急線のことを「オバQ線」と言っていました。

 

  • 今日、母が得意そうに「ボブどうだった?ボブ」と風呂上りの父に一生懸命聞いていました。…「バブ」だよ。
Pocket

1
資料請求 申し込み 教室検索

資料請求

申し込み

ページの先頭へ戻る