啓明館 - 神奈川県・横浜市の中学受験専科塾

啓明館事業部長 渋田先生日記

・持ちものには、「自分の」字で名前が書いてある。

・第一志望の学校が、「漢字で」かける。

・本屋で30分以上、うろうろできる。

・将棋やトランプ、ヌメロやゲームの対戦ものなど、勝ち負けのつく遊びが好き。しかも「負けず嫌い(泣くこともあり)」

・身近なことに関心をもてる。「キャベツのだいたいの値段がわかる」「ししとうが野菜だとわかる」

・クラスやスクールの中に「ひそかに」ライバルがいる。

・その日の授業がある科目のテキストやノート「だけ」が、カバンに入っている。

・模試結果が悪かったときに「世界が終わり」みたいな顔をしない。

・「何ページを開いて」といわれ、しばらくたってから「先生、何ページですか」という時間差攻撃をしない。

・分からないのに「分かったふり」をしない。

・ふだんはそうでもないのに、「○○中の過去問だ」というとやる気を出す。

・字が大きい。「自分でも」読めない字は書かない。

・黒板の漢字を、わざわざひらがなに直してノートに書かない。

・問題を解き終わった時点で「燃え尽きず」、見直しができる。

・ありえない答え(りんご一個が8万円、自転車で時速200キロ)の時に、おかしいと感じる。

・答え合わせのときに、「当たった」「はずれた」と予想屋や占い師のようなコメントにならない。

Pocket

1
資料請求 申し込み 教室検索

資料請求

申し込み

ページの先頭へ戻る