啓明館 - 神奈川県・横浜市の中学受験専科塾

啓明館事業部長 渋田先生日記

2021年9月30日

何度でも

「考える力(海竜社・外山滋比古)」を読みました。読むときの音楽は、ドリカムで。

 

□赤ん坊が歩き始める時に何度も転ぶ。どんなに運動神経の発達している子でも、一度も転ばずに歩けるようにはならない。一度や二度ではなく、何度も転ぶ。赤ん坊は転んで怪我などないように丸丸太っているのだという。

 

□「所謂頭のいい人は、いわば脚の速い旅人のようなものである」頭の悪い人が頭のいい人に勝つことがある。脚の速い人は、富士山の裾野まで来て、そこから頂上を眺めただけで、富士山の全体がわかったようなつもりになって帰ってくる。富士山はやはり登ってみなくては十分にわからない。

 

 

□俗説だが、富士山に降った雪がとけて流れて斜面に降りて、伏流水となって関東平野へとどいて噴出するようになる。それまで三百年を要するという。

 

 

□ある目的に向かって、研究・実験などが今行われているとき、なかなか成果が上がらないことが多い。その途中でまったく思いもかけなかった新しい知見が飛び出してくる。それがセレンディピティである。第二次世界大戦後、アメリカの海軍が、敵潜水艦の接近を探知するために高性能の音波探知機の開発に没頭していた。あるとき正体不明の音の波のようなものをキャッチして研究陣は色めきたった。しかし、いくら調べても音源が分からない。あれこれ探索して、とうとう音波をつきとめた。なんとイルカの発信しているものだった。これがイルカも言語をもっているらしいという発見につながった。

 

 

□ものを考えるのは「なぜ」という疑問が前提になる。疑問は知の父であり、思考の母であるように思われる。日常、その疑問を忘れずに生きれば、われわれは知らず知らずのうちに思考する力を身につけるようになる。

 

 

 

 

最後に、第一志望の過去問をやり始めて、少し簡単な学校に切り替えようか?と迷ったときのためのひとこと。

 

□難事に挑むのは、不成功に終わっても知的効果を生む。

Pocket

2021年9月29日

白骨

戦前~戦後にかけて活躍した、三橋鷹女さんという女性俳人がいます。彼女の辞世の句です。

 

白露や/死んでゆく日も/帯締めて

 

 

関東大震災の際、生後8カ月の長男を胸に抱いたまま、崩れ落ちた家屋の下敷きになりました。数時間、子どもを守るために、じっとじっと耐えていたと言います。

 

母の愛は、海よりも深し。

Pocket

2021年9月28日

足の爪がきれいな人

好きな作家に西加奈子さんがいます。「漁港の肉子ちゃん」は新刊の時に読みましたが、元気になる小説です。エッセイ集、「まにまに」より、気に入ったフレーズ。

 

□あの究極で周りの見えなくなる感じ、それが恋やがな、そうも思う。

 

□私はイランで生まれた。初めて見たのはきっと母ではなく、イラン人の医師や看護師だっただろう。私は彼らを見て、麻酔で眠っている母を見て、どう思ったのだろうか。この世界を見て、窓やベッドや人の指や花や血を見て、どう思ったのだろうか。

 

□笑い話に、「これ、日本語で神って意味なんだろ?」と言ってきた外国人の腕に、大きく「矢沢」と彫ってあったというものもあるが、あれは嘘ではないだろう。

 

□小林製薬のネーミングセンス、それがすごいのだ。

 

□やはり旅行はいい。自分が何ものでもないことが、分かるのがいい。

 

□2015年は、「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」の設定年であるという。

 

□鍼の先生が言っていた。髪の毛や爪、特に足の爪は栄養が最後に行き渡るのだと。だから、足の爪がきれいな人は、十分栄養が行きとどいた健康な人だということらしい。

 

 

そして最後。改行が素敵。

 

□その言葉が重荷になる人がたくさんいることも、自分にはそれをいう権利がないこともわかっている。でも、今思うのだ。

世界中のお母さん、頑張れ。

Pocket

2021年9月27日

早熟な子ども

合格判定模試など様々な数字や判定が出る時期ですが、ブレないことが大切です。

 

□真剣になれ、深刻になるな。

 

□才能とは、続けること。続けられること。

 

□何か判断に迷ったら、人として美しいほうを選べばいい。

 

□孤独は人を育てるけれど、孤立は人を育てない。

 

□世界を真っ直ぐに見るのだ。斜に構えていると、人生もななめにしか進めない。

 

□才能よりも集中力。

 

□早熟な子どもが、成熟した大人になれないことはとても多い。

 

□人を励ますと、自分も100%励まされる。

Pocket

2021年9月25日

人の噂で

中学入試で、主人公が小学校高学年~高校生の女子の場合は、グループ内の力関係がテーマであることがほとんどです。

 

□あなたに敬意を払わない人に、あなたが敬意を払う必要はない。

あなたのことが嫌いな人を、あなたが好きになる必要はない。

あなたを大切にしない人を、あなたが大切にする必要はない。

 

□99人が敵だとしても、1人の味方に救われる。999人の敵がいても、1人のやさしさに慰められる。たった1人でいいのだ。もし、その1人が裏切ったら?次の1人は必ずいる。

 

□嫌いな人を応援しろとは言わないが、嫌いな人の足を引っ張り始めたら、人間が腐ってきたということ。

 

□無駄口は叩かない。沈黙も会話のうち。そして人が話しているときは真剣に聴く。基本はそれだけ。饒舌だけがコミュニケーションではない。

 

□人の噂で人の評価が変わるブレた人間になりたくない。

 

□本人のいないところで、その人を褒める人は信じる。その人の悪口を言う人は信じない。本人のいないところで、人の言った悪口を信じる人はもっと信じない。

Pocket

資料請求 申し込み 教室検索

資料請求

申し込み

ページの先頭へ戻る