啓明館 - 神奈川県・横浜市の中学受験専科塾

啓明館事業部長 渋田先生日記

心理学者のロバート・エモンズ氏とマイケル・マッカロー氏は、一連の研究の中で、被験者を2つのグループに分け、1つのグループには「ちょっとしたことでもいいので、毎日、感謝できることを5つ書いてもらう」という実験をしました。

 

被験者は、感謝の対象として両親やローリング・ストーンズ、朝の目覚めから神さままで、ありとあらゆることをリストに書き込みました。毎日1~2分、感謝する時間をとったことは思いもかけない効果をもたらしました。感謝できることを考えたグループは、何もしなかったグループに比べて、人生をもっと肯定的に評価できるようになっただけでなく、幸福感が高くなり、ポジティブな気分を味わえるようになりました。

 

つまりもっと幸せになって、意思が強くなり、エネルギッシュで楽観的になったわけです。また、人に対してもっと優しくできるようになり、手伝いを積極的に申し出るようになりました。最終的に、感謝をしていた人々はよく眠るようになり、より多く運動するようになり、身体的な不調も減ったのです。

 

 

今日は一日、どんな日だったでしょうか?

Pocket

1
資料請求 申し込み 教室検索

資料請求

申し込み

ページの先頭へ戻る