啓明館 - 神奈川県・横浜市の中学受験専科塾

啓明館事業部長 渋田先生日記

2020年10月19日

悲劇と喜劇は一緒?

脳科学者、茂木健一郎さんのお話。

<脳科学に「メタ認知」という言葉があります。外から自分を見る。それが支えになる。ユーモアのセンスとかね。その根本にあるのは、「悲劇と喜劇は一緒のものである」ということ。ホレス・ウォルポールというイギリスの作家に「この世界は感じるものにとっては悲劇ではあるが、考えるものにとっては喜劇である」という有名な言葉があります。自分が落ち込んでいるとき、それをちょっと、ここらへんから見ると面白いよなー、笑えるなという人はネガティブなスパイラルに落ちません>

 

考える=客観視する

自分の定規を疑うことで、楽になることがあります。

昨日のブログのひとこと:「兄たちは、頭が悪いから東大に行った」

Pocket

資料請求 申し込み 教室検索

資料請求

申し込み

ページの先頭へ戻る