啓明館 - 神奈川県・横浜市の中学受験専科塾

啓明館事業部長 渋田先生日記

2020年10月27日

いただきます

フランスでは、公立の幼児学校(幼稚園)、小学校、中学校、高校のすべてで、給食に新たな制度が義務づけられています。それは、週に1回は肉を使わない「菜食メニュー」にするということです。自治体によっては、週に2回、菜食メニューとなっているようです。

地球温暖化の原因となる肉食を見直そうとする動きと、健康的な食事習慣を身に着けさせようという狙いがあります。また、近年の中学入試にも扱われはじめた、「他民族国家における宗教上の配慮(イスラム教徒のためには、豚肉を使わないなど)も、菜食メニューなら解決するということもあるでしょう。

 

私立中学校でも、学食、カフェテリアや給食、また購買部での販売など、「食育」にこだわっています。学校選びの一つの観点として見ても良いと思います。

 

味には、「甘み・酸味・塩味・苦味、そしてうま味」と5つの味があり、いろいろな味を感じることで脳が刺激され感受性が磨かれるとされています。おうちの方が作ってくれた愛情こもったお弁当を味わって食べましょう。この文章を書いた私も、小さい頃に食べたお弁当のことを思い出しました。

Pocket

資料請求 申し込み 教室検索

資料請求

申し込み

ページの先頭へ戻る