啓明館 - 神奈川県・横浜市の中学受験専科塾

啓明館事業部長 渋田先生日記

2020年11月25日

少しずつの成長

村上春樹さんの「走ることについて語るときに僕の語ること」(文芸春秋)より。

 

<誰かに故のない(と少なくとも僕には思える)非難を受けたとき、あるいは当然受け入れてもらえると期待していた誰かに受け入れてもらえなかったようなとき、僕はいつも少しだけ長い距離を走ることにしている。いつもより長い距離を走ることによって、そのぶん自分を肉体的に消耗させる。そして自分が能力に限りのある、弱い人間だということをあらためて認識する。いちばん底の部分でフィジカルに認識する。そしていつもより長い距離を走ったぶん、結果的には自分の肉体を、ほんのわずかではあるけれど強化したことになる。腹が立ったらそのぶん自分にあたればいい。悔しい思いをしたらその分自分を磨けばいい。そう考えて生きてきた。黙って呑み込めるものは、そっくりそのまま自分の中に呑み込み、それを(できるだけ姿かたちを大きく変えて)小説という容物の中に、物語の一部として放出するようにつとめてきた。>

 

今年はなかなか走れていない自分が言うのは何ですが、親子で「お散歩」「軽いジョギング」をおススメしています。単純な運動の良いところは、継続すると変化が体感しやすいということ。実は、勉強も同じです。やれば、出来ようになるという経験が、ピンチの時の支えになります。

Pocket

資料請求 申し込み 教室検索

資料請求

申し込み

ページの先頭へ戻る