啓明館 - 神奈川県・横浜市の中学受験専科塾

啓明館事業部長 渋田先生日記

2021年11月26日

みんな違ってみんないい

11月13日(土)に小5の志望校選びガイダンスをZoomにて実施しました。志望校を決める際には、他人の意見(視線)にとらわれずに、「わが子にあった受験校探し」が一番です、という話をさせていただきました。「よそはよそ、うちはうち」の感覚は大切です。

 

今年は、それに『真っ赤なお鼻のトナカイ作戦』というネーミングをつけてみました。赤い鼻のトナカイはみんなと違っていたので「いつもみんなの笑いもの」でしたが、そのピカピカのお鼻のおかげでサンタは全世界の子どもたちに贈り物を届けることができました。

 

赤い鼻のトナカイのお話の作者であるロバートは、妻エヴリンと娘のバーバラの3人家族。娘が2歳になったころ、最愛の妻が病に倒れてしまいます。ロバートの収入は治療費と薬代に消え、生活は苦しくなります。やがて、4歳になった娘がロバートに尋ねます。

 

「どうして私のママは、みんなと違うの?」

 

ロバートは娘を喜ばせるため、「真っ赤なお鼻のルドルフ」の話を即興で語り始めました。神様に創られた生き物はいつかきっと幸せになることを、幼い娘、病と闘う妻、そして自分自身に言い聞かせるように。その後、その歌は、全世界に広がります。

Pocket

資料請求 申し込み 教室検索

資料請求

申し込み

ページの先頭へ戻る