啓明館 - 神奈川県・横浜市の中学受験専科塾

啓明館事業部長 渋田先生日記

2021年11月29日

ありがと<ありがとう

ぼくの短歌ノート「穂村弘/講談社」を読みました。この本は、「群像」誌上の「現代短歌ノート」をまとめてあるものです。日本の文化、万歳です。

 

□土曜日も遊ぶ日曜日も遊ぶおとなは遊ぶと疲れるらしいね

 

作者は高校1年生。

 

□あの青い電車にもしもぶつかればはねとばされたりするんだろうか

 

素直すぎる作品。

 

□「おぢいちゃんしぬまでながいきしてください」誕生祝いは孫からの文

 

「じ」ではなく「ぢ」というのも大事なポイント。

 

□ラーユがない!ギョーザをショーユだけで食うオリンピックなんざ知ったこっちゃない

 

これはカタカナ。

 

□座るとき立ち上がるとき歩くとき ありがとう足そして重力

 

感謝の気持ちは大切。

 

□ハブられたイケてるやつがワンランク下の僕らと弁当食べる

 

身も蓋もない歌。ただし、中学受験でよく出るテーマとなります。

 

□髪の毛がいっぽん口に飛び込んだだけで世界はこんなにも嫌

 

リアルな短歌。

 

 

 

最後は、歌手「ゆず」の作品です。(北川君でしょうか、岩沢君でしょうか?)

 

□最後だし「う」まできちんと発音するね ありがとう さようなら

 

「ありがと」「さよなら」よりは、気持ちをこめて。

 

日本の文化、万歳です。

 

 

別件

今年の中学入試(国語)で何が出ますか?とのご相談を受けました。私は、1冊選ぶとすると「そして、バトンは渡された」(瀬尾まいこ・文春文庫)です。映画化されていることと、入試問題に切り取られやすい箇所がたくさんあるからです。

Pocket

資料請求 申し込み 教室検索

資料請求

申し込み

ページの先頭へ戻る