啓明館 - 神奈川県・横浜市の中学受験専科塾

啓明館事業部長 渋田先生日記

2021年8月28日

家族に感謝

「武士道」(新渡戸稲造)より!

  • 踏み出した一歩は、もう道半ばまできたようなものである。何事も最初の一歩が大事である。
  • 人は岩や木ではないから、いつかは自分の徳をわかってくれるものである。
  • 雲は永久に月を隠すものではない。
  • 人は顔よりも心が大事である。心が素直で気持ちの持ち方が高いと、おのずと顔かたちにも品格は表れる。
  • 平家を滅ぼしたのは平家であると歴史家は言う。
  • 人の自分を見る目やうわさは気にせずに、まず守るべきものは自分の心である。
  • 自分の感情のみで、良し悪しを見分けることは、自分を不幸にするもとである。
  • 今日は曇っている、今日は雨が降ると不平を言っても、空は晴れない。雨が降ったら、かさ一本で行動は決まる。物事を起こすときは、断行することである。
  • 母の愛情ほど尊いものはない。子が親を思う心にまさる親心といって、この心を分かることを孝行といい、慈しみことの元はこの心である。

 

11期生(サムライイレブン)元気にやっていますか?

Pocket

1
資料請求 申し込み 教室検索

資料請求

申し込み

ページの先頭へ戻る