啓明館 - 神奈川県・横浜市の中学受験専科塾

啓明館事業部長 渋田先生日記

2021年9月7日

考える受験生に

わたしはおススメ図書(特に受験間際ではない)を聞かれたときに「伝記」とお答えすることがあります。とくに世界的に活躍した人の人生には学ぶべき点がたくさん見つかるからです。

 

今回は、彫刻家「ロダン」をご紹介します。

①14歳になっても、算数はもちろん読み書きも十分できませんでした。

②そんなに難度の高くない美術学校を先生のすすめで受験したところ、3年連続で不合格となり、大変な屈辱を味わいました。(後年、美術学校との方針が違っていたということが判明します)

③22歳の時に、ロダンを支えてくれていた最愛の姉がなくなります。姉は失恋のために体調を崩しましたが、その恋人を紹介したのはロダンでした。

④世界的な名声を得たのはロダンが60代になったとき。パリ市に『考える人』を寄贈したのは、68歳の時でした。

 

ロダンの言葉です。

肝心なのは感動すること、愛すること、希望を持つこと、打ち震えること、生きること。そして、芸術家である以前に、人間であることだ>

 

中学生以上になったら、英語の名言もいくつか覚えると良い人生となるでしょう。(かっこいいし)
The main thing is to be moved, to love, to hope, to tremble, to live.
Be a man before being an artist.

Pocket

1
資料請求 申し込み 教室検索

資料請求

申し込み

ページの先頭へ戻る