啓明館 - 神奈川県・横浜市の中学受験専科塾

啓明館事業部長 渋田先生日記

瀬戸内寂聴さんが9日、99歳で亡くなりました。ご冥福をお祈り申し上げます。自墓碑に刻む言葉は<愛した、書いた、祈った>(フランスの作家・スタンダールの墓碑銘は、『生きた 書いた 愛した』)

 

□人間は万能の神でも仏でもないのですから、人を完全に理解することもできないし、良かれと思ったことで人を傷つけることもあります。そういう繰り返しの中で、人は何かに許されて生きているのです。

□人とつきあうのに秘訣があるとすれば、それはまずこちらが相手を好きになってしまうことではないでしょうか。

□どんな悲しみや苦しみも必ず歳月が癒してくれます。そのことを京都では『日にち薬(ひにちぐすり)』と呼びます。時間こそが心の傷の妙薬なのです。

 

□お返しを期待しない、感謝の言葉も求めない。それが本当の奉仕です。

□人間は、元々そんなに賢くありません。勉強して修行して、やっとまともになるのです。

□あなたはたった一つの尊い命をもってこの世に生まれた、大切な存在です。

Pocket

1
資料請求 申し込み 教室検索

資料請求

申し込み

ページの先頭へ戻る